北方領土でロシア軍の演習相次ぐ 日本への強硬姿勢を示す狙いか

有料会員記事

大野正美
[PR]

 ロシアのウクライナ侵攻後、北方領土でのロシア軍の演習が相次いでいる。国後島の現地行政府が発行する新聞「ナ・ルベジェ」は15日付で、同島南部の演習場で13日から月末まで3度にわたるロケット弾などの射撃訓練が始まったと報じ、住民に演習地へ立ち入らないよう警告した。また、クリル諸島(北方領土と千島列島)で長距離地対空ミサイルシステムS300V4の発射訓練が行われたとも報じた。日本に強硬姿勢を示すロシア側の狙いがあるとみられる。

 国後島での射撃訓練は、島南部のドゥボボエ村にあるラグンノエ演習場で13~17日に実施。20~24日、27日~30日にも行われる。同演習場がある地域は、根室海峡を挟んで北海道の標津町などと向き合っている。

 ロシア軍は3月にクリル諸島…

この記事は有料会員記事です。残り188文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    小泉悠
    (東京大学先端科学技術研究センター講師)
    2022年6月18日16時37分 投稿
    【解説】

    海上保安庁に通告されたロシア側の航行警報によると、5月末から今月14-15日まで、北方領土から千島列島付近においては広範囲でミサイル発射訓練が行われていたようです。 今回の国後でのロケット弾とS-300V4の発射訓練はその一環でしょう。