振付師・樋口美穂子氏の流儀 有名振付師からもらった心に刺さる言葉

有料会員記事

坂上武司
[PR]

 「『振付師』って、ローリー(・ニコル)やシェイリン(・ボーン)のことだと思う。いいのかな? 自分は『振付師』っていう大それたものではないんだけど」

 今年3月に名古屋の「グランプリ東海クラブ」から独立し、新しいクラブ「LYS」を立ち上げたフィギュアスケートの樋口美穂子コーチ。振り付けのことを尋ねると、照れ笑いを浮かべながら、こう謙遜した。

 だが実際は、スケートの指導者であると同時に振付師の「顔」がある。

 2018年平昌五輪宇野昌磨が銀メダルを獲得したプログラムを含め、その振り付けは国内だけでなく、世界的にも評価が高い。

 今まではグランプリ東海の教え子で手いっぱいで、他クラブの選手の振り付けはしてこなかった。だが、独立と同時に「うちで振り付けをしてほしい」という依頼が次々と舞い込んできた。

 関西の選手を何人か手がけた後、6月に福岡・飯塚クラブの3選手の振り付けを頼まれた。

 同クラブの河野由美コーチから依頼されたのは、小学5年の秋元聖輝(こうき)(10)、中学3年の永川(えいかわ)実咲(15)、大学3年の江口璃咲(りさ)(20)。6月7~10日の4日間で、それぞれのプログラムを振り付けた。

 河野コーチは言う。

 「ずっと美穂子にお願いしたかったけど、今まではできないということだったので、やっと。美穂子には常に新しい発想があって、新しい感覚がある。どれを見ても同じものがない。型にはまったパターンがない」

 樋口コーチの振り付け作業の様子を見ていると、「こういう動きをしてみてくれない?」「こんなのできるかな?」と選手と頻繁にコミュニケーションをとりながら、音楽にあわせて動きを作り上げていく。

 「現役生活で最後となるフリ…

この記事は有料会員記事です。残り1249文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]