光のリングは幻だった? ブラックホール「世界初の画像」に異論

有料会員記事

小宮山亮磨
[PR]

 ブラックホールの姿を初めてとらえたとして、国立天文台などの国際研究チームが発表した画像について、同天文台の別の研究者らが異論を唱えている。データを再解析したところ、ブラックホールの証拠とされた「光のリング」はなかったという。

 同天文台によると、論文は専門誌アストロフィジカル・ジャーナルに掲載される。

 EHTと呼ばれる国際研究チームは、南米チリなど世界各地にある八つの電波望遠鏡を使って、地球から5500万光年離れた銀河「M87」にあるブラックホールを観測。データを解析し、暗い「穴」の中心を光のリングが取り巻く構造を持ったブラックホールの画像を得た、と2019年に発表した。

 この結果を疑っているのは、国立天文台の三好真助教(電波天文学)ら。

 正式発表を前にインターネッ…

この記事は有料会員記事です。残り526文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら