「厳禁」の再冷凍ワクチンを2千人超に接種 沖縄・うるまの医療機関

有料記事新型コロナウイルス

西岡矩毅
[PR]

 沖縄県うるま市は17日、市内の医療機関で、新型コロナウイルスワクチンを誤った方法で保管し、市民に接種していたと発表した。冷蔵で保存しておくべきところを再冷凍して保管し、2千人以上に延べ4500回以上接種したという。これまでのところ健康被害は確認されていないという。

 市によると、市内の医療機関1カ所で昨年4月24日から今年6月2日まで、再冷凍したファイザー社製ワクチンを市民2149人と市外の122人に延べ4500回以上接種していた。厚生労働省の手引で、再冷凍は「厳禁」とされている。

 記者会見した中村正人市長は…

この記事は有料記事です。残り274文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]