裸踊り、「ボケ木戸」、黒塗りの報告書…警察と闘った父の6年8カ月

有料会員記事

黒田早織
[PR]

 兵庫県警機動隊員だった木戸大地さん(当時24)が2015年に自殺したのは先輩らのパワーハラスメントが原因だとして、遺族が県に約8千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が、22日に神戸地裁である。県警側はパワハラを認めず、全面的に争っている。

パワハラか、指導か

 訴状などによると、09年に県警に採用された大地さんは、12年に機動隊へ配属。翌年の技能試験の際に「同僚に解答を見せた」などと先輩警察官にカンニングを疑われ、行為を認めるよう迫られた。自殺の3カ月ほど前にはこの先輩から「ミス一覧表」の作成を命じられた。また、別の上司には、任意参加の朝練に出なかったとしてスクワットをさせられた。

 遺族側は、一連の行為はパワハラにあたり、うつ病を引き起こしたと主張。自殺を図ったのも、先輩から当日の午前中、ミス一覧表の再提出を執拗(しつよう)に命じられたことが原因だと訴えている。

 一方で県警側は、先輩らの行為に「パワハラは存在しない」との立場だ。

 カンニングとミス一覧表をめぐる行為については、ミスを指摘して改善させるためのもので「不合理とはいえない」と主張する。

 スクワットなどは「職務に必要な体力の向上を図るため」としている。機動隊は災害時の人命救助も担うため「より強靱(きょうじん)な体力や精神力が必要」とし、組織の特殊性も強調する。

 自殺と先輩らの行為とに因果関係はなく、県警側が自殺を予見するのは困難なため賠償の責任はない、として棄却を求めている。

 先輩警察官は口頭弁論で、自殺前に「ボケ木戸」と書いたふせんを書類に貼ったことなどを認め「ミスが事故につながると自覚してほしかった」と述べた。

積もり積もった 県警への不信感

 息子の死から6年8カ月。遺族の怒りややるせなさは、行為に関わった人物だけでなく、県警自体にも向けられている。

 木戸大地さんの父・一仁さん(73)は毎朝、広島県内の自宅の仏壇に手を合わせる。数珠はつけない。

 「つけたくないんです。葬儀でも持たなかった。大地の死を認めたくない気持ちが、まだどこかにある」

 自殺を図る2日前、一仁さんに電話をかけてきた。

 婚約者と住む予定のマンショ…

この記事は有料会員記事です。残り1147文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら