第92回ロシア軍のトラックを森に隠したら… 街を救った積み荷の「幸せ」

有料記事ウクライナ情勢

ディミル=高野裕介
[PR]

 ロシア軍が侵攻したウクライナの首都キーウ(キエフ)近郊で、2人の男女がロシア軍のトラックを森に隠し、ある方法で住民の生活に貢献した。「市民としてできることは何でもやろうと思った。もう1回チャンスがあれば、またやりますよ」。2人はそう語った。

 キーウ中心部から北西に約40キロのディミル。スベトラーナ・コステンコさん(26)は、ロシア軍がウクライナに侵攻した数日後、郊外の幹線道路にあった無人のトラックを見つけた。

 深緑色の車体に「V」の文字。ロシア軍のものだった。

 ロシア、ウクライナの両軍の…

この記事は有料記事です。残り872文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載ウクライナ危機 市民は今(全150回)

この連載の一覧を見る