女性問題で自民離党の吉川赳議員 「地元中の地元」からも辞職勧告

有料会員記事自民

山崎琢也
[PR]

 吉川赳衆院議員(比例東海)が18歳の女子学生に飲酒をすすめたなどと報じられ、自民党を離党した問題で、同党富士市富士支部は同氏に議員辞職を勧告することを決め、17日、県連に上申した。

 富士市は吉川氏が地元事務所を構え、過去の衆院選でも吉川氏を支えてきた「地元中の地元」(前島貞一支部長)。足元からも辞職を求める声が噴出した。

 同日、前島支部長は上申書の提出後、県庁で記者団の取材に応じた。「応援していただいた皆様に合わせる顔がない、無念でならない」と苦しい胸のうちを明かし、「皆様の前でおわびするのが当然。一刻も早く責任を果たして欲しい」と話した。

 女子学生と会っていたとされ…

この記事は有料会員記事です。残り184文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら