揺れた4年前の朝、女児はブロック塀の下敷きに 小学校で追悼と誓い

有料記事

玉置太郎
[PR]

 最大震度6弱の揺れが都市部を襲った大阪北部地震から18日で4年を迎えた。ブロック塀が倒壊して女児が亡くなった大阪府高槻市の小学校では、関係者が献花を行い、同じような事故を繰り返さないことを誓った。

 地震は2018年6月18日午前7時58分ごろに発生し、高槻市など大阪府北部で震度6弱を観測。6人が死亡し、約460人がけがを負った。住宅被害は計約6万棟に及んだ。

 高槻市立寿栄小学校では、登校中だった三宅璃奈(りな)さん(当時小学4年生)がブロック塀の下敷きになり、亡くなった。同校のプール脇にあった高さ3・5メートル(基礎部分を含む)の塀で、法令が定める必要な補強が施されていなかった。

 この日、同校の校門前には献花台が設けられ、花や飲み物を手向けたり、手を合わせたりする住民らの姿があった。地震と同時刻には、松山健次校長や浜田剛史市長らが黙禱(もくとう)をした。

 浜田市長は「4年間、この日…

この記事は有料記事です。残り744文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!