「頼れる政府取り戻す 明確な旗を掲げる」 立憲・枝野前代表

参院選2022立憲

[PR]

立憲民主党枝野幸男前代表(発言録)

 政治って何のためにあるのか。困った時、苦しい時、いざという時に人生を支えて前に進めていく。その力になるために、普段から税金を納めていただき、政治が、行政がある。

 昭和の日本は右肩上がりだった。政府は小さい方がいい、できるだけ民営化しようと。大阪の人たち(日本維新の会)が新しいことのように言っているが、これを大々的にやり始めたのは(元首相の)中曽根康弘さん、40年前だ。

 令和になり、経済は右肩上がりによくならない。高齢化が進み、病気になる人が飛躍的に増える。そして少子化の時代。この変化にもかかわらず、相変わらず小さな政府だ、民営化だ、規制緩和だ、こんなことをやっているから日本はいつになっても立ち直れない。

 いざという時に頼れる、力のある政府を取り戻す。もう一つの軸を、旗を明確に掲げてこの国を立て直していく。(18日、東京都杉並区の街頭演説で)

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]