バイデン大統領、報道陣の前で「転倒」 サイクリング中のハプニング

有料会員記事

ワシントン=高野遼
[PR]

 バイデン米大統領が18日朝、デラウェア州の自宅近くのビーチでサイクリング中に自転車で転倒する騒ぎがあった。79歳と高齢の大統領だが、すぐに起き上がり「大丈夫」と一言。特にけがはなく、ホワイトハウスは「医療処置は必要ない」としている。

 転倒は、バイデン氏らの一行が自転車で地元住民や報道陣らの前に差し掛かり、止まろうとした時に起きた。

 同行記者が撮影していた動画によると、グレーの半袖半ズボンにヘルメット姿のバイデン氏は、報道陣の目の前で自転車を止めた。

 左足を地面に着け、右足を下ろそうとした時に、ペダルに装着されたベルトに足が引っかかり、バランスを崩して横向きに倒れた。

 アスファルトの地面に倒れ込…

この記事は有料会員記事です。残り293文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら