「2%や3%の賃上げなんか簡単」 公明・竹内譲政調会長

参院選2022公明

[PR]

公明党竹内譲政調会長(発言録)

 「第3次オイルショック」ともいうべきエネルギー危機に伴う長期的なインフレ経済に突入し始めている。これを乗り越えるには、今こそ持続的な賃金上昇を可能にさせるべきだ。

 第1次、第2次オイルショック、50年前を思い出すと、当時は30%以上の賃上げをしている。なおかつ、日本企業は省エネ投資をどんどんやって、世界的な競争力を高めてオイルショックを乗り越えていった。今こそ持続的な賃上げをやる。そして、脱炭素化投資をやる。デジタル化投資を進める。これで乗り越えられることは間違いない。30年間賃金を上げていないのだから、2%や3%の賃上げなんか簡単にできる。(NHK「日曜討論」で)

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年6月19日16時59分 投稿
    【視点】

    「簡単にできる」のなら、なぜいままでできなかったのかという突っ込みも出てくるでしょうが、この参院選、こういう議論をどんどんやるべきです。賃金が上がらない状態が継続できたのは、物価も上がらない構造があったから。物価が上がり、賃金が上がらない状

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]