チーム愛が変えた 元補欠のBsGirlsが黒髪で臨んだ最終面接

有料会員記事オリックス・バファローズ

大坂尚子
[PR]

 プロ野球オリックス・バファローズの本拠ゲームで、グラウンドで歌って踊り、盛り上げる。

 8年間、無我夢中でやってきた。

 BsGirls(BsG)時代のトレードマークだった金髪から一変、黒髪になったCHAL(チャル)さんと、6月中旬に京セラドームで会った。

 印象は変わっても、明るい笑顔は変わらなかった。

 2014年の結成当初から所属していた球団公式ダンス&ボーカルユニットを卒業し、今年から球団職員になった。

 「CHALからの卒業という意味で真っ黒にしました。もう染める予定はありません」

 きっぱりとそう語るのが松元唯香さん(28)。今は本名で、立場を変えてチームを支えている。

 ただ、同僚からは「松元さん」ではなく、いまも愛称で呼ばれる。

 それだけ球団にとって「CHAL」が欠かせない存在だった証しだ。

 大阪府出身。専門学校卒業とBsG結成のタイミングが合い、オーディションを受けた。

 合格者20人に入ったが、当初はステージに立つ14人には入れない「補欠合格」。練習を後ろで見学するだけの日々だった。

 「ステージにも立てない。合格したと言っていいのか悔しかった」

 専門学校で歌とダンスは2年…

この記事は有料会員記事です。残り1118文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら