女性の遺体発見現場に向かう映像 監禁容疑の男の車のドラレコ

有料会員記事

[PR]

 東京都文京区に住む女性(23)の遺体が18日朝に茨城県常陸太田市内の山林で見つかり、警視庁は19日、死体遺棄事件として捜査本部を設置した。同庁は、女性を同市内の別荘に監禁した疑いで会社員の男を逮捕。男の車のドライブレコーダーには遺棄現場の方向に向かう映像が残っていたといい、同庁は男が何らかの事情を知っているとみて調べている。

 捜査1課によると、女性は18日午前7時ごろ、別荘から北へ約1キロ離れた山林の崖下で木にひっかかった状態で見つかった。衣服は身につけておらず、切り傷や刺し傷といった目立った外傷はなかった。

 一方、同課は女性を5日昼ごろに別荘で手錠をかけて監禁したとして、会社員の三瓶博幸容疑者(33)=神奈川県南足柄市=を逮捕監禁容疑で14日に逮捕。三瓶容疑者は「手錠は合意のもので拘束ではない」と容疑を否認しているという。

 三瓶容疑者は女性とSNSを…

この記事は有料会員記事です。残り144文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら