• アピタル

ジェネリック医薬品、なお2500品目で品薄 改善の見通し立たず

有料会員記事

鷲田智憲、市野塊
[PR]

 価格の安いジェネリック医薬品(後発薬)の品薄が長引いている。業界団体の調査では現在も出荷が滞っているものは約2500品目あり、後発薬全体の約3分の1にのぼる。不足は一部の先発薬にも及んでおり、影響は深刻になっている。製薬会社は増産などに取り組むが解消の見通しは立っていない。

 後発薬メーカー37社でつくる日本ジェネリック製薬協会によると、品切れや出荷停止、出荷量が減るなどの品目は6月14日時点で2517あった。協会長として5月に会見した高田製薬(さいたま市)の高田浩樹社長は「多くの品目で供給不安が続きご迷惑をおかけしています」と陳謝した。

 昨年12月時点では後発薬を中心に約3100品目が品薄だった。厚生労働省は業界団体「日本製薬団体連合会」に増産などを呼びかける通知を出した。それから半年たったが改善は思うように進んでいない。

 薬の不足は多くの患者や医療現場にとって負担となっている。飲み慣れた薬が手に入らず別のものに切り替えたことで、効果が十分に出なかったり、副作用が生じたりする可能性がある。後発品から先発品に戻せば医療費が増えることも考えられる。病院の担当者が薬の確保のため、何度も交渉する事例もある。

■後発薬メーカーの不正、影響…

この記事は有料会員記事です。残り950文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら