夕焼け色の「ルビー」は隠れ日本一 国産高級品を100%ジュースに

有料会員記事

大平要
[PR]

 浜松産のグレープフルーツを使ったジュースが19日、発売された。商品を企画した有志団体「どいーにはままつ」の代表を務める会社員の石川大輔さん(39)は「日本一のグレープフルーツジュースを目指し、地域のPRにも力を入れたい」と意気込んでいる。

 市内のハウスミカン農家がつくる「スタールビー」という品種を搾った100%ジュース。ミカンジュースを手がける同市北区の障害者就労施設「KuRuMiX(クルミックス)」が製造した。

浜松はグレープフルーツの国内「産地」

 国内で流通するグレープフルーツは、大半が輸入品だ。同市内では2006年ごろから生産が始まり、国内でほぼ唯一の「産地」となっている。とはいえ生産農家は数軒で、年間生産量は30トンにも満たない。ほとんどは首都圏に出荷され、「高級品」として販売されているという。

 石川さんは1年前、この「隠…

この記事は有料会員記事です。残り370文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    田幸香純
    (朝日新聞記者=小売り、外食、食品)
    2022年6月21日12時50分 投稿
    【解説】

    国内で作られているグレープフルーツ「スタールビー」というひとつの品種から、2種類の色のジュースが完成したという話。なぜ?と思って、担当記者に聞いてみたら、以下のようなことだと説明してくれました。「今回は二つの農家でつくったグレープフルーツを