球状の「九条の碑」を足立に設置 デザインに込められた思いとは

有料記事東京インサイド

編集委員・北野隆一
[PR]

 市民団体「『九条の碑』を建立する会」が憲法9条を彫り込んだ球状の碑を、東京都足立区柳原に設置した。碑はステンレス製の直径1メートルの球体。ピンク色の文字で9条の条文が輪を描くように並んでいる。19日に除幕式があり、約170人が参加した。

 除幕式で「九条の会」事務局長の小森陽一・東京大名誉教授は「碑に刻まれた憲法9条を読むには、周囲をぐるっと回らなければならない。碑を見に来た人の頭に9条が刻み込まれる」とあいさつ。「碑の球形は地球を表す。ロシアが西の隣国・ウクライナに侵攻した。『戦争をしない』と憲法9条で決めた東の隣国・日本は『国際法違反の戦争をするな』と国連で主張すべきだ」と説いた。

 碑のデザイン・設計を担った…

この記事は有料記事です。残り229文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
東京インサイド

東京インサイド

東京の気になるニュースや街の話題が満載。あなたの「!」「?」に答えます。[記事一覧へ]