杉並区長選、新顔の岸本氏が初当選 現職の田中良氏と約190票差

井上恵一朗
[PR]

 東京都杉並区長選は20日開票され、無所属新顔で公共政策研究者の岸本聡子氏(47)=立憲民主、共産、れいわ、社民、新社会、杉並・生活者ネットワーク、緑の党グリーンズジャパン推薦=が、無所属現職の田中良氏(61)、無所属新顔で前区議の田中裕太郎氏(46)の2人を破り、初当選を果たした。岸本氏と田中良氏との票差は約190票だった。

 当日有権者数は47万2619人で、投票率は37・52%(前回32・02%)だった。

 岸本氏は、児童館統廃合やJR駅周辺の道路拡幅事業など田中区政に批判的な区民らに擁立された。昨年の衆院選で自民前職の石原伸晃氏を「野党共闘」で破った吉田晴美氏が全面的に支援。結果が注目されていた。

 田中良氏は、保育所や特別養護老人ホーム整備など3期12年の実績を強調。防災のため駅前周辺の道路拡幅など、将来への課題解決に取り組むと訴えてきた。

 田中裕太郎氏は「日本人の権利を守る杉並に」を公約とし、区の自治基本条例改正を訴えた。区長公用車の廃止などを唱えるなかで現区政を批判してきた。井上恵一朗

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年6月20日13時6分 投稿
    【視点】

    国政レベルでは見直し論が盛んな野党共闘ですが、杉並区長選は野党勢が力を合わせて制しました。衆院選東京8区にあたる杉並区ですが、昨年の衆院選でも野党が一本化することで、立憲の吉田晴美氏が自民党の石原伸晃氏を破る結果となりました。 杉並は