第3回【40秒動画でわかる】期日前投票、レジャー理由もOK やり方解説

有料会員記事参院選2022

【動画】40秒でわかる!いまさら聞けない「期日前投票」
[PR]

 選挙当日に予定があり、投票に行けないときは、どうすればいいのでしょうか。

 そんなとき、使えるのが、「期日前投票」の制度です。公示日の翌日から投票日の前日まで、毎日が投票日になります。

 投票できるのは、投票日に仕事や冠婚葬祭などの予定がある人。レジャーや買い物などの私用でも大丈夫です。

どこで投票?

 投票所は、各市区町村に必ず1カ所以上設けられています。

 役場で行われていることが多いですが、自治体によっては、ショッピングセンターなどでも投票できることがあります。

 各自治体の選挙管理委員会のホームページなどで確認しましょう。

投票のやり方は

 やり方は普通の投票とほぼ同じ。住民票のある住所に届いた投票所の入場券を持って、期日前投票所に向かいます。

 入場券をなくしたり、忘れてしまったりした場合でも投票できます。その場合、本人かどうかを確認するため、運転免許証などの身分証を持って行くとスムーズです。

 投票日に投票できない理由を示した宣誓書を提出して、投票します。時間は投票所によって異なりますが、主に午前8時半~午後8時です。

不在者投票は事前の手続きを

 ただし、住民票を実家に残し…

この記事は有料会員記事です。残り212文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
あなたにマッチする政党は?

あなたにマッチする政党は?

政策などに関する質問に答えると、あなたの考え方と政党・候補者の一致度が分かります。[記事一覧へ]