第1回【40秒動画でわかる】参院選の仕組み どうして毎回有名人が出馬?

有料会員記事参院選2022

【動画】40秒でわかる!参院選ってそもそも何? 決め方・投票方法…ざっくり解説
[PR]

 日本の国会には、互いにチェックしあえるように、衆議院参議院があります。参議院では、立候補できる年齢や仕事をする期間が衆議院とは違います。

 参議院に立候補できるのは30歳から(衆議院は25歳から)。任期は6年で、3年ごとに半分ずつを選び直します。

参議院選挙は「中間テスト」

 衆議院のように、任期途中の解散で一度に全員が替わることがないため、参議院議員はじっくり政治に取り組めると言われます。

 衆院選は、誰を首相に選ぶかの「政権選択選挙」と言われるのに対して、参院選は時の政権の「中間テスト」の意味合いもあります。

 参議院の定数は248人。そのうち、半分の124人を新たに決めます。

 選挙制度は2パターンあります。「選挙区制」と「比例代表制」です。

 選挙区制は、都道府県をベースにして45の選挙区に分けて、74の議席を各候補が争います。当選する議員の数は、人口に応じて1~6人と決まっています。

 投票用紙に候補者の名前を書き、得票数が多い順に当選します。

比例代表制の複雑な仕組み

 一方で比例代表制は、選挙の範囲は全国共通です。

 制度はかなり複雑です。

 衆院選の比例代表制は全国1…

この記事は有料会員記事です。残り263文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]