サントリー副会長「お騒がせし心苦しい」 「桜」夕食会へ無償提供で

諏訪和仁
[PR]

 安倍晋三元首相の後援会が「桜を見る会」の前日に開いた夕食会に、サントリーホールディングスが酒類を無償で提供していたことについて、同社の鳥井信吾副会長は20日、「世間をお騒がせすることになり、大変心苦しく思っています」と話した。

 鳥井氏は会頭を務める大阪商工会議所の会見で質問に答えた。「会合に参加されたみなさんへの製品のPR、広告の機会ととらえて提供したと聞いている」と説明。「実際に弊社の業務の中で、いろんなイベントとか会合で、TPO(時、場所、場合)に応じてPRを目的に製品見本をお届けして、試飲してもらうケースもある」とも話したうえで、今回の事案への自身の関与を否定した。

 同社は2016~19年の夕食会に酒類を無償提供し、17~19年はウイスキーやワインなど毎年約15万円分を提供していたという。(諏訪和仁)