性的少数者カップルに公的証明書、岩手・一関市が導入方針 県内初

三浦英之
[PR]

 岩手県一関市は、性的マイノリティーのカップルを公的に証明するパートナーシップ制度を年度内にも導入する方針だ。佐藤善仁市長が17日、市議会の一般質問で答えた。実現されれば、県内初となる。

 市によると、具体的な運用については今後、東北地方の先行都市の実施状況などを参考に検討する。

 利用者に証明書を交付することで、一緒に公営住宅に入居できたり、病院などでパートナーの病状説明を受けられたりすることなどが検討されているという。

 市によると、全国では200以上の自治体が導入しているが、まだ県内には例はなく、盛岡市が導入を検討している段階という。

 市の担当者は取材に「多様な背景を持った人の移住やJターンを受け入れるためにも、パートナーシップ制度の整備が必要だと考えている」と話している。三浦英之

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]