「飛鳥・藤原」を世界遺産に 高松塚やキトラ古墳、推薦書案提出へ

有料会員記事

清水謙司、米田千佐子
[PR]

 2024年の世界遺産登録を目指す「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」について、奈良県明日香村など関係市村が、登録に必要な推薦書の素案を29日に文化庁へ提出することが決まった。飛鳥・藤原地域にある古代の宮殿跡、仏教寺院跡、墳墓を、日本で初めて「中央集権国家が誕生したことを示す比類のない資産」と位置づけた。

 「飛鳥・藤原」は、明日香村、橿原市桜井市にある計20の多彩な構成資産群。飛鳥宮跡や藤原宮跡・藤原京朱雀大路跡、国内初の本格的寺院といわれる飛鳥寺跡、極彩色壁画が見つかった高松塚古墳キトラ古墳などが入っている。「万葉集」でもおなじみの大和三山耳成山畝傍山香具山)も含まれる。

 奈良市内で20日に開かれた…

この記事は有料会員記事です。残り315文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら