レシートの1行、気づいた母は泣き出した 7歳息子初めてのおつかい

有料会員記事

若松真平
[PR]

 東北地方で複数の美容院を経営する女性(42)には、忘れられない1枚のレシートがある。

 6年前の2016年7月下旬、当時7歳だった長男が初めて1人でおつかいに行った時のものだ。

 夫と一緒にオープンさせた1店舗目が、ようやく軌道に乗り始めたころ。

 それまでは家計が苦しく、家族4人の1食の食費が、1人あたり176円だった時期もある。

 長男の6歳の誕生日プレゼントは100円ショップの商品だった。「好きなものを買いなさい」と言ったら、車と恐竜、カエルとおもちゃを三つ持ってきた。

 その時の申し訳なさもあって、初めてのおつかいでは千円を渡した。何か買うものを頼んだわけではなく、「好きなものを買ってきていいよ」と伝えた。

 帰宅した長男が買い物袋の中から出したものを見て驚いた。

 カツオの刺し身、韓国のり、イカの燻製(くんせい)、炭酸水。

 確かにカツオとイカは長男の好物だが、お菓子やジュースを選ばないなんてシブいな。

 「ママと一緒に食べようと思って選んだんだ」

 韓国のりと炭酸水は母が好きだと思って買ってきたのだという。

 その笑顔を見て、思わず抱きしめたくなった。

 ところが、渡されたレシートに記されていた1行に気づいた瞬間、今度はぶわっと涙があふれてきた。

 合計金額983円の個別の項…

この記事は有料会員記事です。残り1462文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら