現地の報道陣に驚いた担当課長 核禁会議不参加に記者が抱いた疑問

有料会員記事核といのちを考える

ウィーン=藤原学思
[PR]

 核兵器禁止条約の第1回締約国会議が21日午前10時(日本時間21日午後5時)から、ウィーンで始まる。日本政府はなぜ、会議に参加しないのか。オブザーバーとして出ることに、どんなデメリットがあるのか。会議開幕を十数時間後に控えた20日夕(日本時間21日未明)、外務省の石井良実(よしざね)・軍備管理軍縮課長が30分にわたって日本メディアの取材に応じた。

 取材は現地時間午後6時45分、コンベンションセンターの建物横で始まった。石井課長はここで、「核兵器の人道的影響に関する会議」に参加していた。

 外はまだ明るい。報道陣は二十数人。石井氏はその多さに、「すごいな」と驚いた声をあげた。

 報道陣は被爆地である広島や長崎、さらには東京やニューヨークから、一連の取材をするためにウィーンを訪れている。複数人で取材に当たる社も多い。朝日新聞も、締約国会議は広島、長崎の記者も含めて4人で取材する。全社合わせれば、日本の報道陣は40人を超すとみられる。世界のメディアの中でも突出して多い。

 だが、その対象となる締約国会議に、日本政府は来ない。なぜか。最初にテレビ朝日の記者が「被爆者からは日本も参加すべきではないか、との声がある。不参加の背景は」と聞いた。

日本は橋渡し役になれるのか

 石井課長は答える…

この記事は有料会員記事です。残り2895文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    水野梓
    (withnews編集長=生きづらさ)
    2022年6月21日10時50分 投稿
    【視点】

    なぜ参加しないんだろう?と疑問に思っていたので、現地にいた記者たちも同じ気持ちだったんだなと思いました。 昨年、広島を訪れたとき、体験を語れる人が年々少なくなるなか、被爆の記憶を継ぐ人たちも危機感を覚えていました。 <締約国会議では

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]