なえなのさんが見届けたラストミーティング 高校球児の一言に驚いた

有料記事

聞き手・島脇健史
【動画】高校野球の魅力を語るなえなのさん
[PR]

 3年間、一緒に甲子園を目指してきた仲間へ、見違えるほど成長した教え子へ――。全力で取り組んできたからこそ、伝えたい言葉があります。高校野球では最後の試合後、多くのチームが「ラストミーティング」を開きます。その場面を数多く見届けてきたタレントのなえなのさんに、感動の瞬間を聞きました。

     ◇

 ――MCをつとめる番組「部活ピーポー全力応援!ブカピ!」では、数多くのラストミーティングを取り上げてきました。印象に残るシーンはありますか。

 済美(愛媛)は、キャプテンがすごく印象的でしたね。「泣かない、泣かない。笑顔で」って、チームメートに言ってたんですけど。最後の最後、保護者の前に立って、第一声を言うところから、もう涙ぐんじゃって。笑顔でと言っていても、すごく悔しいところがあったんだなと。周りへの感謝の気持ちも話していて、野球は支えてくださるみなさんの力がないと、成りたたないんだなということが、伝わってきました。

 ――なえなのさんが落ち込んだ時、思い出すシーンはありますか。

 遊学館(石川)のキャプテン…

この記事は有料記事です。残り1415文字有料会員になると続きをお読みいただけます。