「一生に一度だから」 成人式会場周辺で暴走容疑 男女26人摘発

大山稜
【動画】改造車で危険走行した男女を警視庁が摘発=警視庁提供
[PR]

 東京都東大和市成人式の会場周辺で改造したバイクや車に乗って暴走したとして、警視庁は道路交通法違反(共同危険行為の禁止など)の疑いで、建設会社社長の男(21)ら男4人を逮捕、都内の17~21歳の男女22人を書類送検し、21日発表した。同市の成人式会場周辺では、数年前から若者による迷惑走行が横行していたという。

 交通執行課によると、摘発された26人は1月10日午後3時半ごろ、西武拝島線東大和市駅のロータリーから成人式会場までの約500メートルをバイク5台、乗用車9台に分乗し、低速で蛇行運転をするなど他の車の交通を妨害したなどの疑いがある。

 26人の一部は容疑を認め、「一生に一度の成人式だからみんなの前で目立ちたかった。自分たちの世代が一番良い集団暴走だと先輩や後輩に見せつけたかった」などと話しているという。

 26人ははかま姿で集まり、派手に装飾するなど改造した車やバイクにのぼり旗を立てていた。逮捕された建設会社社長の男はインスタグラムで参加者を募った上、集団を先導したとみられるという。(大山稜)