渡辺喜美参院議員が政界引退を表明 「第3極を作る目論みは終了」

有料会員記事参院選2022

山下龍一
[PR]

 元みんなの党代表で、行革担当相などを務めた渡辺喜美参院議員(70)が、22日公示の参院選に立候補せず、政界を引退すると表明した。全国比例からの立候補を模索していたが、事務所関係者によると準備が整わず、断念したという。

 渡辺氏は現在は無所属で、NHK党議員と参院内で会派を組んでいる。21日、自身のフェイスブックで「私の(政界での)第3極を作る目論(もくろ)みは、終了いたしました」「政界は引退します」と表明した。今後の活動については「蓄積した知識経験を持って世の中に尽くして参ります」と書き込んだが、具体的な内容には言及しなかった。

 渡辺氏は1996年に衆院栃…

この記事は有料会員記事です。残り231文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]