ひめゆりの「伝説化」、教科書から消えた住民殺害 沖縄戦かすむ実像

有料記事沖縄・本土復帰50年

[PR]

 沖縄の日本復帰50年を迎えた今年の「慰霊の日」。戦後77年間、沖縄戦は様々な形で記録され、語られてきた。だが、その実態は沖縄と本土で、どれほど共有されてきたのか。節目の年、私たち日本社会は「沖縄戦」とどう向き合ってきたのかを考える。

「ひめゆりの塔」、美談の裏側で

 津島恵子香川京子らスター女優が出演した映画「ひめゆりの塔」の公開は1953年、終戦から8年後。記録的なヒットとなり、沖縄戦が全国に知られるきっかけになった。

 しかし、米軍統治下の沖縄ではロケができず、冬の本土で撮影。戦場に動員された女子学徒たちのけなげさや純真さが「美談」として強調される一方、多くの犠牲者が出た原因や背景は描かれなかった。

 その後、ひめゆりはドラマや…

この記事は有料記事です。残り3255文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!