映画「クラッシュ」ハギス監督、性的暴行容疑で拘束 弁護士「無実」

菊地直己
[PR]

 映画「クラッシュ」で米アカデミー賞を受賞した映画監督のポール・ハギス氏(69)が19日、滞在先のイタリアで、女性への性的暴行などの容疑で拘束されたことがわかった。AP通信が報じた。

 AP通信によると、ハギス氏はイタリア南部で開催される映画祭に出席するため現地に滞在。検察当局は、ハギス氏が「若い外国人女性」に対し、2日間にわたって性的関係を強要した容疑などで捜査を進めているという。一方、ハギス氏の弁護士は、「容疑がすべて取り下げられることを確信している。ハギス氏は完全に無実で、真実を速やかに解明すべく当局に全面的に協力する」と述べた。

 ハギス氏は、2005年の米アカデミー賞で作品賞となった映画「ミリオンダラー・ベイビー」で脚本を手がけ、06年には監督を務めた「クラッシュ」で作品賞と脚本賞を受賞した。(菊地直己)