逮捕状請求も裁判参加もオンラインで? 刑事手続きIT化を議論へ

有料記事

田内康介
[PR]

 捜査から公判までの刑事手続きをIT化する法整備について、古川禎久法相は21日、27日の法制審議会に諮問すると明らかにした。法制審では捜査令状の請求・発付のオンライン化や公判へのオンライン参加などが検討される見通しだ。IT化の実現によって捜査や裁判の効率化や迅速化が期待されており、政府は法制審の議論を踏まえて刑事訴訟法などの改正を目指す。

 古川法相は21日の会見で、「情報通信技術を活用し、国民の負担軽減や円滑・迅速な手続きの実現に資するものとすることが必要だ」と述べた。

■いまは書面・対面が原則…

この記事は有料記事です。残り435文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。