ブラックモンブラン、1×1=1…… 思い出の夏の味は

有料会員記事

[PR]

 週末別刷りbeの企画で、読者のみなさんにアイスクリームとかき氷にまつわる思い出を聴いたところ、地域の逸品や名店、さらには今はもう食べられなくなった幻のヒット商品など、貴重なお話が寄せられました。「ブラックモンブラン」「1×1=1のアイスクリン」「クロキュラー」……。みなさんは、ご存じですか?

 京都府の女性(57)からは、「佐賀県で作られているブラックモンブラン」の思い出が。「クランチの量、大きさ、食感、それぞれのバランスで美味(おい)しさが出来上がっている。北部九州出身者と必ず話が盛り上がるアイス。昔、バーにあった当たりの文字も懐かしい」。

 一説には九州出身者のソウルフードとも言われるこのアイス。つくっているのは佐賀県小城市の竹下製菓だ。同社によると初回製造日は1969年5月7日と記録されていて、その歴史はすでに半世紀を超えた。この日は日本記念日協会で「ブラックモンブランの日」に登録されている。主に九州・中四国エリアのスーパー・コンビニ・ドラッグストア各社で売られている。関東・関西中部地方でも一部で手に入るそうだ。ブラックモンブランシリーズ全体で、年間2千万本ほどが生産されているという。

 同社では「ザクザク食感のク…

この記事は有料会員記事です。残り1644文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら