捜査で浮かんだ「エデン」とは 反ワクチン団体が進める「移住計画」

有料記事

[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種に反対を訴えようと、接種会場に無断で立ち入った疑いでメンバー8人が逮捕された「神真都(やまと)Q会」。警視庁の一連の捜査で、この団体が組織化され、地方への「移住計画」のために寄付金を集めていた活動実態が浮かび上がってきた。

 同会はホームページで、「コロナウイルス自体が存在しない」「ワクチンの中身は身体に悪影響を及ぼす病の種、感染源が入っている」などと主張。接種反対のデモでは「ワクチンで子どもの命が失われている」と訴えたほか、メンバーの逮捕を受けて警察署前で行った抗議活動の際には「警察官はゴム人間。松ヤニで退治できる」などと独自の訴えを展開していた。

 先鋭化を警戒する警視庁が捜査を進めたところ、組織の実態がわかってきた。

「エデン」と称するコミュニティー

 捜査関係者によると、同会は元俳優の男(43)を含む幹部数人でつくる「執行管理部」が中心となって組織の活動方針を決定。その下には、ワクチン接種への抗議計画や反対デモを企画する部署のほか、地方で「村おこし」をする部署も設けていた。

 村おこしの対象となったエリ…

この記事は有料記事です。残り429文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!