震度はなぜ7までなの?

有料会員記事

[PR]

「震度はなぜ7までなの?」

福岡県・藤田朋志さん(中2)からの質問

ののちゃんのDo科学

ののちゃんは、朝日新聞に連載されている漫画の主人公で、小学3年生。学級担任の藤原先生を相手に、身の回りの不思議を質問します。聞いてほしい疑問はこちらへ。science@asahi.comメールする

 ののちゃん 地震があったとき、テレビをつけたら、日本地図のうえに、いろんな数字が出ていた。

 藤原先生 揺れの強さを表す「震度」ね。0、1、2、3、4、5弱、5強、6弱、6強、7の10段階に分かれている。基本的には地震がおきた場所から離れるほど小さくなる。でも、地盤の固さとかによっても変わってくる。各地の被害を推定して、すばやく支援態勢を築くためにも重要なものなの。

 のの なんで7までなの? 8とか9とか、より強い揺れはないの?

 先生 震度7ってどんな揺れか知っている?

 のの 知らない。

 先生 立っていられないほどで、はわないと動くことができない。固定していない家具はほとんど移動するし飛ぶこともある。耐震性の高い木造建物でもまれに傾くし、耐震性の低い鉄筋コンクリート造の建物は倒れるものが多くなる。

 のの ひぇ~。

 先生 つまり震度7は、「最…

この記事は有料会員記事です。残り823文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら