過去30年で最大規模に 英国で鉄道ストライキ、7%の賃上げ求める

有料記事

ロンドン=金成隆一
[PR]

 英国各地で21日、賃上げなどを求める鉄道業界の労働者のストライキが始まった。ロンドン市内の地下鉄も含めて、多くの路線の運行が影響を受ける。英メディアによると、参加者は4万~5万人規模で、1989年以来で最大の鉄道ストになる見通し。

 運輸系労組の鉄道・海運・運輸労働者全国連合(RMT)が21、23、25日の3日間にわたってストを実施予定。英メディアによるとこの間の運行が通常の2割ほどに激減する。スト翌日の22、24、26日も混乱が残ると予想されている。ロンドン市内の地下鉄も21日にストが実施される。

 RMTのリンチ書記長は20日、「労働条件や賃金、年金の悪化という問題に直面しており、産業として組合員を守り、底辺への競争を阻止する以外に選択肢はない」と理解を求めた。エネルギーや食料の価格上昇で生活が苦しくなる中、RMTは最低7%の賃上げを求めているが、会社側が応じているのは2~3%という。

 一方、政府は労組への批判を…

この記事は有料記事です。残り382文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!