ロシア、天然ガス供給の停止や減量で欧州揺さぶり

有料会員記事

ロンドン=和気真也
[PR]

 ロシアが天然ガスの供給を減らしたり止めたりして欧州各国に揺さぶりをかけている。支払いルールの変更や整備不良を理由にしているが、各国は対ロ制裁への意趣返しと受け止め、強く反発。冬場に向け代わりの調達先の確保を急ぐ。

 ロシアの国営ガス会社ガスプロムが、天然ガスをロシアからドイツに運ぶパイプライン「ノルドストリーム1」の供給量を大幅に絞り始めたのは14日。同社は、独シーメンス社が修理した圧縮機の部品が期限までに届いていないことなどから一部設備を止めたと説明し、供給量を4割減らした。部品の未納は制裁が影響しているとみられる。

 ガスプロムはさらに15日…

この記事は有料会員記事です。残り775文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら