韓国が第7の「ロケット保有国」に 国産「ヌリ」の打ち上げに成功

有料会員記事

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 韓国が初めて自国で開発したロケット「ヌリ」が21日、南部の羅老(ナロ)宇宙センターから打ち上げられた。韓国政府は搭載されていた衛星を宇宙空間の軌道に乗せることに成功したと発表した。1トン以上の衛星の打ち上げ能力を持つロケットの保有国は日本、米国、ロシア、フランス、中国、インドに次ぐ7番目となる。

 「ヌリ」は「世の中」を意味する。韓国航空宇宙研究院(KARI)と韓国企業が開発した液体燃料を使う3段式ロケットで、全長47・2メートル、重量は200トン。大学生チームが作った4基の超小型衛星などを搭載していた。韓国政府によると、目標の高度700キロに到達し、分離した性能を検証するための衛星などが周回軌道に乗ったという。

 昨年10月の1回目の打ち上…

この記事は有料会員記事です。残り216文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら