地熱王国九州、発電所7割集中 地元温泉旅館も参入「噴気を電気に」

有料会員記事

加藤裕則
[PR]

 太陽光や風力といった再生可能エネルギーの利用が進むなか、近年注目されているが地熱だ。燃料はいらずいつでも発電できる利点がある。日本には世界有数の資源があり、九州は東北と並ぶ「地熱大国」とされる。事業化には課題もあるが、電力会社や温泉旅館などが取り組んでいる。(加藤裕則)

 作業員が配管の大型バルブを両手で回すと、「ゴー」という音と共に水蒸気が上がり始めた。数分で勢いが増し、「ジュー、ジュー」という轟音(ごうおん)が鳴り響く。風下は真っ白くなった。

 九州電力は5月11日、大分県九重町の山間部にある山下池南部地域で、地熱発電所の可能性を探る噴気試験をした。蒸気の様子を見た担当者は「十分な量です。有望です」と話す。

 九電の地熱発電所の出力は6カ所で計21・3万キロワット。1977年に運転を開始した大分県九重町の八丁原(はっちょうばる)発電所(11万キロワット)は国内で最大だ。

 ただ、全体からみると地熱発電はごく一部にとどまる。九電全体の発電容量は1794万キロワット(2021年3月末時点)で地熱は全体の1・2%。原発の414万キロワットに比べてもかなり小さい。

 地熱発電は全国的にも伸び悩んでいる。

 政府は再生可能エネルギーを固定価格で買い取る制度(FIT)を2012年に始めた。太陽光は短期間に設置できることもあり、大幅に増えた。電源構成比は11年度の0・4%から20年度は7・9%になった。

 資源エネルギー庁によると、FIT導入前の地熱の導入量は全国で52万キロワットだった。21年3月末には61万キロワットまで増えたが、電源構成比でみると0・3%しかない。

 同庁や日本地熱協会によると…

この記事は有料会員記事です。残り1176文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら