靴の底でもかけらでも、なんでもいいから 帰れぬ生きた証し10万点

有料会員記事沖縄・本土復帰50年

光墨祥吾
[PR]

 大人1人がなんとか入れる小さな穴に少しずつ体をこじ入れていく。はしごやロープで2メートルほど斜面を下りる。暗闇にヘッドライトを向けると、岩に囲まれた空間が広がっていた。

 沖縄本島南部の八重瀬町で昨年から今年にかけて、ほとんど存在が知られていなかった壕(ごう)を同町の松永光雄さん(68)が見つけ、中に入った。

 「浜口」「藤ムラ」と名前が…

この記事は有料会員記事です。残り1317文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら