東証再編、60年ぶりの大改革も… 企業トップは辛口評価

有料会員記事

山本恭介
[PR]

 全国主要100社を対象にした朝日新聞のアンケートで、4月に行われた東京証券取引所の市場再編への評価を聞いたところ、半数の計50社が「変わらなかった」と答えた。国内外からより多くのお金を集め、企業の成長につなげるための約60年ぶりの再編だったが、厳しい見方が目立った。

 調査は5月30日~6月10日に行った。9社が、再編で「よくなった」、17社が「どちらかと言えばよくなった」と答えた。1社は「どちらかと言えば悪くなった」とした。

 東証は4月に、これまでの5市場を「プライム」「スタンダード」「グロース」の3市場に再編。国際的な地位向上をめざし、企業が継続的に成長するよう上場基準を厳しくした。

 「変わらなかった」とした企…

この記事は有料会員記事です。残り787文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら