さいたまクリテリウムのメインデザインお披露目、有料観戦プランも

上田雅文
[PR]

 さいたま市さいたま新都心周辺で11月6日にある国際自転車レース「ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」の推進委員会が21日開かれ、個人向けの有料観戦プランが発表された。ランチやバックヤードツアーなどの特典があり、発着地点付近で観戦するプラン(1口10万円)、アリーナスタンドプラン(同1万円)、沿道プラン(同3千円)の3種類。応募は7月8日から公式ホームページ(https://saitama-criterium.jp/2022/rcrt/別ウインドウで開きます)などで受けつける。

 広報宣伝物に使われるメインビジュアル(デザイン)もお披露目された。デザインはツール・ド・フランスをイメージした4色(黄色、緑、白、赤)で、躍動感ある選手を中央にあしらった。北欧で7月1日に開幕するツール・ド・フランスのプレスセンターでもお披露目される予定だ。3年ぶりの開催に向け、SNSを使ったPRや地元商店街のタイアップキャンペーンの準備も進められている。

 委員会ではオフィシャルメディアパートナーとして新たに朝日新聞社が決まったと報告された。(上田雅文)