初主演の侑輝大弥「役を生きることができた」 花組新人公演

会員記事宝塚歌劇団

田部愛
[PR]

 宝塚大劇場兵庫県宝塚市)で6月21日、花組の新人公演「巡礼の年~リスト・フェレンツ、魂の彷徨(ほうこう)~」があった。ピアノの魔術師フランツ・リストを演じた侑輝大弥(ゆき・だいや)は終演後、「ここに今いるみんなと役を生きることができた」と振り返った。

ニュースレター[月刊タカラヅカPlus]

タカラヅカをもっと近くに。スターのインタビューやOGの活躍をメールでお届けします。こちらから登録できます。

 新人公演初主演の侑輝は入団7年目で、新人公演に出演する最年長の学年。息づかいや体の震えといった全身を使った演技で、リストが苦悩していく様子を迫力たっぷりに表現した。

 主演をつとめた感想を問われると、「とにかくライトが明るくて、何も見えない感覚。役とリンクしているような、ある種の気持ちよさを覚えました」と語った。

柚香光からのアドバイスは

 本公演でリストを演じるのは…

この記事は会員記事です。残り454文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。