人によって異なるツイッターモーメント表示 作る人に聞いた「例外」

有料会員記事

田渕紫織
[PR]

メディア空間考 田渕紫織

 朝日新聞デジタルで、子育て世代向けの「ハグスタ」というページを担当している。最近も慣らし保育や保育事故、ランドセルについて、生活者の目線で書いた。しかし、中高年の読者が多い朝デジの中だけでは、なかなか当事者に届きにくい。

 より広く届けようと、ツイッターモーメントという方法を4月から試している。記事の引用や意見、取材のこぼれ話のツイートをいくつか並べ、まとめて見せるやり方だ。作ったモーメントが「ニュース」「エンタメ」「スポーツ」などの主要欄に載ると、多くの人に読んでもらえる。

 不思議なのは、例えば同じ「ニュース」欄でも、画面に表示されるモーメントが人によって異なることだ。私と友人の「ニュース」欄画面を見比べると、全く違うモーメントが表示されていて驚くことがある。そのうえ表示はくるくる入れ替わる。

 どうやって編成しているのだろう。ツイッター社に聞きに行った。

 担当はキュレーションチーム…

この記事は有料会員記事です。残り1101文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

ハグスタ

ハグスタ

HUG STA(ハグスタ)は、子育て世代に開いたニューススタンドです。[記事一覧へ]