コンブ漁やっと解禁 ウクライナ侵攻で大幅遅れ、でも初日は見送りに

有料記事ウクライナ情勢

大野正美
[PR]

 ウクライナ危機の余波で開始日が大幅に遅れていた北方領土・歯舞群島のコンブ漁が21日、解禁となった。ただ、強風などの気象条件が悪化したことを受けて出漁は見送られた。

 コンブ漁は、民間協定に基づいて旧ソ連に採取料を払う形で1963年に始まった。北海道根室市の歯舞漁港で20日にあった操業指導会議では、漁を今後も継続させるため、規則順守による無違反操業を改めて確認。対ロシア関係の緊張を受けて、日本側の監督は、これまでの指導船1隻に新たに補助船2隻を加え、3隻体制で当たる。

 コンブ漁の交渉は例年の漁開…

この記事は有料記事です。残り193文字有料会員になると続きをお読みいただけます。