スポーツでのロシア選手除外「プーチン氏に好都合」 国際関係研究者

有料会員記事

パリ=遠田寛生
[PR]

パスカル・ボニファスさん|フランス国際関係戦略研究所(IRIS)所長

 ロシアのウクライナ侵攻を受け、スポーツ界でもロシアとベラルーシ除外の動きが続いています。戦争の責任と代償。選手個人にそれを負わせてもいいのでしょうか。フランス国際関係戦略研究所(IRIS)のパスカル・ボニファス所長(66)に話を聞きました。

 ――テニスの4大大会、ウィンブルドン選手権の主催者がロシアとベラルーシの選手の出場を禁じ、選手らから批判されています。判断を聞いて驚かれましたか。

 「驚きはありません。ウィンブルドンは英国のボリス・ジョンソン首相の方針に反応したまでです。ジョンソン首相はロシアとベラルーシ選手に、出場する場合はロシアのプーチン大統領や戦争に反対していることを表明するよう求めました」

 「選手からすればある種の脅しと言えます。戦争に反対している選手はいても、公表することは別問題だからです。ロシアやベラルーシに家族や親族がいれば難しい」

 「選手に表明させることを避けるために、ウィンブルドンは除外を選びました」

 ――ジョンソン首相はどうしてこのような方針を出したのでしょうか。

 「プーチンに反対している連立国の中で、先頭に立ちたいからです。彼は英国内で(スキャンダルがあり)問題を抱えているので、ポジティブなイメージを前に押し出したいという狙いがあるのでしょう」

 ――ウィンブルドンの決定は「差別」という批判もあります。不公平だと思いますか。

 「不公平です。ロシアやベラルーシの選手全員がプーチン氏を支持しているという仮定に基づいて、集団的な罰を与えるのは不公平でしょう。それに、国籍で判断するのは間違っています」「テニス選手の多くは、戦争に反対しています」

 「同じテニスの4大大会でも全仏オープンは除外をしない、異なる決断をしました。だから受け入れがたい差別です」

 ――5月のイベントであなたは「国籍による全面除外は、プーチン氏には勝利と受け止められる」と発言しました。どういうことですか。

 「国籍で選手をひとくくりに…

この記事は有料会員記事です。残り3433文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら