女性教諭殺害容疑、元同僚を再逮捕 別れ話でトラブルか 北海道警

石垣明真、中沢滋人
[PR]

 北海道帯広市の雑木林で道内の高校教諭の宮田麻子さん(47)が遺体で見つかり、元同僚で帯広農業高校教諭の片桐朱璃(しゅり)容疑者(35)が死体遺棄容疑で逮捕された事件で、道警は22日、片桐容疑者を殺人容疑で再逮捕し、発表した。「宮田さんとの交際関係に疲れ、車のシートベルトで首を絞めて殺した」と容疑を認めているという。

 道警によると、片桐容疑者は5月30日午前4時半ごろ、帯広市内の駐車場にとめた宮田さんの車の中で、宮田さんの首をシートベルトで絞めて殺害した疑いがある。

 片桐容疑者は遺体を自分の車に移した後、スコップを準備して遺棄現場へ向かい、同日午後8時ごろに遺体を埋めたという。

 宮田さんは29日午後、家族に「釧路に行く」と言って外出し、同日夕に片桐容疑者に会いに来た。片桐容疑者は仕事を理由にその場を離れたが、30日未明に再び会ったという。

 片桐容疑者は調べに「別れ話を持ちかけたところ、トラブルになった」と供述しているという。(石垣明真、中沢滋人)