第9回淡麗で上品、滋味の多様性 関西メイド「上方中華」の真価

有料会員記事

寺下光彦=ライター
[PR]

■上方中華 新瓊(大阪)

 「そろそろ関西から世界に発信する中国料理があっていい」。これが店名“上方中華”に込める、主人・新谷亮人さんの思いだ。

 江坂で15年、不動の名声を確立した「老饕(ラオタオ)」の字も残さず新店を展開する気概は、そのメニューに表れる。

 昆布とカツオの一番だしが香…

この記事は有料会員記事です。残り407文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら