• アピタル

介護うつ経験した女性が開く「認知症カフェ」 コロナ禍で相談倍増

有料会員記事

張春穎
[PR]

数字は語る

 住宅と田畑が混在する千葉県柏市で、「ケアラーズ&オレンジカフェみちくさ亭」を開く布川佐登美さん(62)は心配そうに話す。

 「コロナの影響で、本人や介護する家族が孤立することが気になります」

 みちくさ亭は、認知症の人やその家族が気軽に集まり、地域の人や専門家とつながりを持つ場「認知症カフェ」の一つだ。

 実家を改装して開き、今年で10年目になる。

 野菜中心のランチがおいしく、将来の介護を意識した人たちも多く訪れる。

「ずっと家の中で息がつまる」

 自然と話に花が咲き、利用者を増やしてきたが、コロナ禍が影を落とす。

 2018年度に延べ4700…

この記事は有料会員記事です。残り1410文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら