物価高は「有事の高騰」?それとも「対策不十分」が要因?舌戦始まる

有料会員記事参院選2022

上地一姫、小野太郎 鬼原民幸、小手川太朗
[PR]

 参院選は22日、「物価高」をめぐる舌戦で幕を開けた。電気、ガソリン、ガス、食品……。生活必需品の値上げが国民生活を直撃する状況に、与党は「万全の対応」を強調し、野党はそれぞれの立場から政策の修正や処方箋(せん)を訴える。7月10日の投開票まで半月余り。各党は何を投げかけ、どう戦うか。

 「ロシアによるウクライナ侵略で、世界規模で物価が高騰している。しっかり対応しなければいけない」

 岸田文雄首相(自民党総裁)は22日、福島市での第一声で声を張り上げた。参院選に向けた党の公約では、外交・安全保障を前面に掲げて防衛予算の強化などを打ち出していた。しかし、演説で力を入れたのは物価高対応だった。現状を「有事の価格高騰だ」とも語り、政治の安定の必要性を訴えた。

「不満高まっている」 対応終われる政府・与党

 公明党山口那津男代表も横…

この記事は有料会員記事です。残り2114文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年6月22日22時38分 投稿

    【視点】参院選が始まり、大きな争点としてせりだしてきたのが物価高。賃金も物価も上がらない状態が長年続いてきた日本で、物価が上がることに敏感になる人は多いと思います。ロシアによるウクライナ侵攻を受け、国防強化が先行して争点になってきましたが、論戦の風

あなたにマッチする政党は?

あなたにマッチする政党は?

政策などに関する質問に答えると、あなたの考え方と政党・候補者の一致度が分かります。[記事一覧へ]