第6回「これで子どもに食べさせられる」 食べ物提供の現場で見た涙と笑顔

有料記事参院選2022

杉山あかり
[PR]

 「今日、これで子どもに食べさせることができます」

 「命がつながりました」

 フードバンクに寄せられたコメントだ。水城宏美さん(37)は一つひとつ、丁寧に目を通す。2~3カ月ほど前から、寄せられる言葉の切実さが増した気がしている。

 子育て支援をする福岡県大野城市の認定NPO法人「チャイルドケアセンター」のフードバンク担当。協力企業から食料の寄付を受け取ったり、家庭で余った食材を募ったりし、地域の子ども食堂に配布してきた。

 2年前からは、一般の人に食べ物を無料で配布している。新型コロナウイルスの影響で、収入が減った家庭は多い。さらに、物価高が追い打ちをかける。

食べ物の無料配布 涙を流しながら受け取る人も

 最近は、米や麺といった主食…

この記事は有料記事です。残り1191文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    犬山紙子
    (エッセイスト)
    2022年6月23日21時46分 投稿
    【視点】

    今回の参議院選は、今苦しんでいる子どもたちをどう守るのか、守る意志がどれくらいあるのか、を私は見て選挙に行こうと思っています。   コロナ、物価高、そこに夏休みが重なると、給食でなんとか食い繋いでいた子どもの健康が本当に危ない。支援は必

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載政治とくらし(全14回)

この連載の一覧を見る