札幌市長選に出馬意向の元局長、五輪招致反対を掲げるワケは

有料会員記事

松尾一郎
[PR]

 札幌市の元局長が、札幌市による2030年冬季オリンピック・パラリンピック招致阻止を公約に掲げる――。来年春に控える札幌市長選は、そんな構図になりそうだ。立候補の意向を固めた元局長に話を聞きに行くと、述べた言葉は「僕は人柱になる」。どういうことなのだろうか。

 立候補に向けて準備を進めるのは高野馨氏(63)。大学卒業後の1982年に市役所に採用され、南区長などをへて2019年に市民文化局長で定年退職した。五輪招致を打ち出した上田文雄前市長や秋元克広現市長の下で、要職を歴任してきた人物だ。

 高野氏は、市の出資団体「札…

この記事は有料会員記事です。残り1218文字有料会員になると続きをお読みいただけます。